境内のご案内
ホーム > 境内のご案内

境内のご案内

境内のご案内
こちらは『日本の国歌』に出てくるさざれ石です。
本殿
境内のご案内 本殿 慶長16年(1611)徳川家康公によって造営されました。権現造りの本殿は入母屋造が普通ですが、伊賀八幡宮は流造りになっている珍しい建物です。(国の重要文化財)
「本殿}「幣殿」「拝殿」の三連で権現造りとなっています。
幣殿、拝殿
境内のご案内 拝殿 寛永13年(1636)三代将軍家光公によって本殿に増設し、造営されました。
なお同じ年に日光東照宮も改築完工されています。     (国の重要文化財)
透塀
境内のご案内 透塀 本殿と幣殿を囲んでおり、一定の間隔で並んだ格子の隙間から本殿を幣殿を見ることができます。透塀も桧皮葺の屋根となっています。      (国の重要文化財)
御供所
境内の御案内 神様のお供物を調整したり、物を置いたりして、使用しました。
社殿以外の建造物で古いものが残っているのは伊賀八幡宮を含め数社だけです。
        (国の重要文化財)
随神門
境内のご案内 随神門 神域の守り神、随神様(市の指定文化財)が門の両側に配置されております。
随神様が安置する随神門は愛知県では伊賀八幡宮だけです。
また門の表と裏両方の左右に力神が門の屋根を支えています。           (国の重要文化財)
石鳥居
境内のご案内 石鳥居 明神鳥居で、神社を構成する建造物として価値があります。  (国の重要文化財)
さざれ石
境内のご案内 さざれ石 国家『君が代』にうたわれた石です。大小様々な石が集まって固まり苔のみすまで・・・。皇室の御代を永遠にという願いと、国民の同朋意識を込めた石です。
牟久津社
境内のご案内 牟久津社 大奈持之命をお祀りする。伊賀八幡宮神城の守護のいわゆる大国様。寛永13年の建立といわれています。   (市の指定文化財)
讃岐社
境内のご案内 讃岐社 大物主之命をお祀りする。金毘羅さんは海上安全の神様とされている。
若宮社
境内のご案内 若宮者 御祭神応神天皇の若宮(御子)である仁徳天皇をお祀りする。
伊勢社
境内のご案内 伊勢社 皇祖神天照大神をお祀りする。
日宮社
境内のご案内 日宮社 日宮之大神をお祀りする。
神馬
境内のご案内 神馬 戦う武士にとって馬は欠かせない動物であり、御祭神徳川家康公も「東海一の弓取り」として武名を四隣にとどろかせた。勇ましく躍動感あふれる神馬像に戦国の思いを馳せる事ができます。
神橋(石橋)
蓮池にかかる石橋です。
寛永13年境内が整備された際、架けられました。
幕府作事方御大工鈴木長次(スズキナガツグ)が木橋の工法を取り入れて造りました。
 (国の重要文化財)
現在の社殿は、寛永13年(1636)三代将軍徳川家光公の命令で、岡崎城主本多忠利が奉行となり
幕府作事方(サクジカタ)御大工鈴木長次(ナガツグ)が造営しました。
   伊賀八幡宮が重要文化財に指定された所以は、その個々の建物が江戸時代初期の建築を代表するものであり、また建物の多くがそろっていて、江戸時代初期の神社配置形式をよく伝えてるからです。

伊賀八幡宮

住所
〒444-0075
愛知県岡崎市伊賀町東郷中86

伊賀八幡宮
電話番号
0564-26-2789
伊賀八幡宮
FAX番号
0564-21-4605

伊賀八幡宮

伊賀八幡宮
伊賀八幡宮

ページ上部へ