伊賀八幡宮について
ホーム > 伊賀八幡宮について

伊賀八幡宮の由緒





伊賀八幡宮史逸話 伊賀八幡宮御祭神

御祭神:応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、東照大権現(徳川家康公)


創建は松平親忠公

松平四代親忠公が、松平家(徳川家の祖)の子孫繁栄・武運長久の守護神、
氏の神として創建なされたのが伊賀八幡宮です。
文明2年(1470)のことで、今から500年あまり前の戦国時代の只中でした。
その5年後に氏寺・菩堤寺として大樹寺も創建なさいました。


家康公の事績


戦乱の世が続くなか、天文11年(1543)、伊賀八幡宮を氏神・守護神とまつる松平家の九代目当主として、徳川家康公がご生誕されました。
祖父も、そして父も家臣に暗殺されるという、まだまだ弱小の武門であった時期の公のご誕生とそのご生涯は、艱難辛苦の連続でした。
譜代の家来とともに、まさに堪忍に次ぐ堪忍の道を歩みます。
この時代が生んだ傑出の人物の一人である家康公は、伊賀八幡宮の御加護と御導きにより、折々の好機を確実につかみ、征夷大将軍にまで登りつめます。
家康公の偉業は、徳川家の無事安泰に意を注ぐことにとどまらず、
広く日本の、応仁の乱以来の130年の戦乱の世を平定し、
260年におよぶ太平の世を開く、その大きな礎を築かれたことです。

これは、伊賀八幡宮を創建なされた松平四代親忠公の大願でもありました。
古今東西を通じて、世界的に比類のないこの大偉業は、
真に神業と呼ぶにふさわしい事蹟でしょう。

伊賀八幡宮について

伊賀八幡宮について


徳川三代の隆昌と伊賀八幡宮


徳川幕府の三代将軍となった家光公は、先祖伝来の守護神である伊賀八幡宮に、祖父東照大権現(徳川家康公)をあわせ祀ることとなされ、御朱印540石を奉納なさいました。これにより伊賀八幡宮は、日光・久能山とともに、将軍みずから祀ることをお定めになった、数少ない東照宮の一つでもあります。
家康公は「亡骸は久能山に、葬儀は芝の増上寺で、位牌は大樹寺へ」と遺言したとのことですが、その大樹寺への御朱印は600石です。
伊賀八幡宮が、徳川将軍家にとっていかなる霊廟であるかが表わされています。

国の重要文化財

なお、家光公は、祖父の造営した御本殿に増築するかたちで、現在の権限造りの御社殿などをご造営なさいました。
この極彩色の御社殿などは昭和8年に国宝に指定され、現在も、随神門・石橋などとともに国の重要文化財とされています。

権現さま のいわれ

伊賀八幡宮の大神様が、家康公に化身してこの世に出現(=権現)なされ、この国の有り様に強い御神威を顕され、正に『厭離穢土、欣求浄土』を実現なされ、約百年の後の寛永13年(1636)、東照大権現の別名を以って還御なされた、と申し上げるところであります。


伊賀八幡宮

住所
〒444-0075
愛知県岡崎市伊賀町東郷中86

伊賀八幡宮
電話番号
0564-26-2789
伊賀八幡宮
FAX番号
0564-21-4605

伊賀八幡宮

伊賀八幡宮
伊賀八幡宮

ページ上部へ